自己ケアと歯医者の比較

自己ケア

自分でケアをすることで、通院に掛かる費用や手間を抑えることができます。しかし、症状がで始めて治療を受けることが多いので、治療費が高くついてしまいます。

歯医者に通う

歯医者に通うことで、歯を健康に綺麗に保つことができます。また、病気も早期発見ができるので、治療費が抑えられます。通院も3ヶ月~半年に一度のペースので負担は少なく済みます。

オススメ記事をチェック!

歯型と人形

早めに虫歯を改善しよう!自分に合った歯科の見つけ方

虫歯などの症状がで始め、慌てて近くの歯科に行く方が多いと思います。しかし、良い歯科を選ばなければ負担が大きくなってしまいます。なので、もしもの時の為に、町田で良い歯科を探しておきましょう。

READ MORE
歯科矯正

通い始める前に知っておこう!矯正歯科の基本知識

矯正歯科には、高額に費用が掛かってしまいます。しかし名古屋で矯正をすると、それ以上の効果が期待できます。その効果を確認して、日常生活を快適に、健康にしましょう。

READ MORE
歯医者

綺麗な歯を手に入れよう!審美歯科に通うメリット

審美歯科ではホワイトニングが人気ですが、最近はセルフホワイトニングができます。セルフホワイトニングは、費用が安く、手軽なのがメリットです。しかし、日進駅近くの歯科に行くことで、ムラなく綺麗な歯を手に入れることができます。

READ MORE
インプラント

得する!インプラントの治療が人気の理由とは?

京都でインプラントをすることで、歯を失う前と同じように歯を使うことができます。なので、費用は掛かってしまいますがとてもオススメです。メリットだけでなく、注意点も確認してみましょう。

READ MORE

虫歯治療に掛かる費用ランキング

no.1

末期の虫歯(20.000円~)

神経が死んでしまい、痛みを感じなくなった状態です。この末期の状態になると、抜歯しなければなりません。抜歯だけなら2.000円程度でできますが、失った歯を補う為に費用が掛かってしまいます。

no.2

重度の虫歯(5.000~15.000円)

神経に達しており、痛みが強い状態です。抜歯まではいきませんが、神経を抜く治療が必要です。この治療の場合も被せ物をしなければならないので、費用が高くついてしまいます。

no.3

中等度虫歯(3.000~5.000円)

象牙質まで達すると、虫歯が冷たいものや甘いものがしみてきます。この状態の時には、しみる程度で、痛みがありません。しかし、虫歯が大きい場合には、詰め物を入れる治療が必要になるので、費用が掛かります。

no.4

初期虫歯(1.000~3.000円)

初期の状態なら、治療費を大幅に下げることができます。しかし、初期の段階では痛みがなく、違和感がある程度です。物理的に穴が開いている場合には、詰め物をする必要があります。

no.5

要観察歯(1.000~3.000円)

虫歯の予備軍の状態です。その状態の場合には、大きな治療をすることはなく、ブラッシングで改善することができます。自由診療の治療なら、虫歯の予防をすることも可能です。

治療を受ける前に確認しておこう!歯科に掛かる費用

歯医者

歯医者に掛かる費用とは?

歯科の費用には、「保険診療」「自由診療」の二種類があります。保険診療は、保険が適応するので、患者の負担は0~3割です。安価で治療を受けることができますが、治療には制限があります。一方自由診療は、全額自己負担になります。しかし、治療内容が豊富で見た目の美しさを目的とする、審美の治療がほとんどです。

例外の治療

審美の治療をする場合、綺麗な歯を作るため自由診療になります。しかし、前歯の場合は、保険診療で白い被せ物をすることとができます。前歯の場合、銀では不自然になるため、安価なものではありますが、費用を抑えて治療をすることができます。

広告募集中